沿  革

昭和8年久家陪劭先生が京都市南区大宮通東寺東入にて空手道場開設。
武道の発展と青少年の健全育成を目指して活動する。
現在は第六代会長 早瀬 安三の元、国内はもとより海外活動も活発に行い更なる飛躍を図っている。



歴  史

流祖宮城長順は「武備志」にある拳八句の「法剛柔呑吐身隋時応変」(法は剛柔を呑吐し身は随時応変す)から“剛柔”をとり流名としたのである。昭和5年、流祖宮城長順により「剛柔流」と命名される。
恩祖木﨑友晴先生の理念である短打近攻(近攻短打)、到手到眼(到眼到手)同時動作を継承する。